Windows10 – 仮想デスクトップ

Windows10で、やっと仮想デスクトップがサポートされた。アプリを切り替えれば必要ないように思えるこの機能ですが、全く異なる内容の複数の作業を並行して行う場合、アプリの切替がとても楽になります。

例えば、今までは複数の作業をしていると、多くのアプリケーション、フォルダを開いているので、ショートカットのAlt+Tabキーでアプリ、フォルダの切り替えがやり難くなっていました。でも、作業ごとに仮想デスクトップを作成しておけば、作業の切替は icon-windows Winキー+Tabキー で、アプリの切替はAlt +Tabキーでサクサク行えます。

実際の使い方

タスクバーにある、「タスクビュー」をクリックします。または icon-windows Winキー+Tabキーを押します。

v-desktop1
  

 

画面右端に「新しいデスクトップ」が表示されるので、クリックします。

新しいデスクトップ
新しいデスクトップ

このようにデスクトップが作成されます。

  

サンプル

v-desktop4