MacOSX-USBインストーラーの作成方法

MacOSXのブータブルUSBインストーラーの作成方法の紹介です。

  1. MavericksまたはYosemiteをApp Storeからダウンロードします。過去にダウンロードしたことがあれば、App Storeの購入履歴から再ダウンロードできます。どちらも5GBちょっとあるので、8GB 以上のUSBメモリを準備します。

Mavericks-redownloading

  1. ダウンロードが終わると、OSのインストーラーが起動しますが、キャンセルします。(Installerを終了しないで進めると、USB作成後のインストール時に壊れている可能性がありますと、エラーが発生ます)ダウンロードしたインストーラーはアプリケーションフォルダに保存されています。

Mavericks-installer

  1. 起動可能なインストールドライブを作成するために、USBメモリ、またはドライブをMacに接続します。
  2. Disk Utilityを開き、フォーマットします。この時にボリューム名を指定します。(例:Mac Recovery 作成後にこのボリューム名は自動で変更されるので、なんでもOKです。)
  3. ユーティリティから、ターミナルを起動します。
  4. 次のコマンドを実行します。

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/Mac \Recovery –applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app

–volume /Volumes/ボリューム名を指定(フォーマットした時の名前)

–applicationpath <ダウンロードしたインストーラーの場所を指定

実際の実行結果 


mbp$ sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Mac\ Recovery --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app
Ready to start.
To continue we need to erase the disk at /Volumes/Mac Recovery.
If you wish to continue type (Y) then press return: y
YErasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

  1. 完成後、USBドライブのボリューム名がMac Recovery から Install OS X Mavericksに自動で書き換えられます。

Mavericks-installer_USBdrive Mavericks-installer_USBdrive2

  1.  作成したUSBドライブを、完全初期化されてしまったMacに接続し、[label name=”info”]Optionキー[/label]を押しながら[label name=”info”]起動[/label]します。
  2. Disk Utility を起動して、HDDを再フォーマットします。
  3. FullSizeRender
  4.  フォーマンとが完了したら、Disk Utilityを終了し、Install OSX Mavericksを実行すれば完了です。

その他方法 - インターネットインストール(最新のOSがインストールされます)

  1. [label name=”info”]Optionキー[/label]を押しながら[label name=”info”]起動[/label]します。
  2. しばらくすると、Internet Recoveryが表示されますので、クリックします。
  3. ユーティリティのダウンロードが始まります。(5~10分位)
  4. Disk Utilityを起動して、Diskを念のためにフォーマット
  5. ここが重要です。時刻の設定をターミナルから行います。時刻がずれていると、”An Error occurred while preparing the installation. Try running this application again.”が発生し、インストールできません。
  6. 時刻の設定は、ターミナルで dateコマンドを管理者で実行します。 [label name=”info”]sudo date mmddhhmmyyyy [/label] 例:12月3日19時48分2014年に設定 sudo date 120319482014
  7. ターミナルを終了して、あとは通常のインストール手順と同じくYosemiteを選択して、手順に従ってインストールします。

時間はかかりますが、何もない時はこの方が便利ですね。