Excel – 余分な空白を削除する方法

他のデータをエクスポートしてExcelにインポートした時に余分な空白が含まれていることがありますよね。

例えば。。。

  • 先頭の空白
  • 末尾の空白
  • 文字間の余分な空白

全てを含んだサンプル

Excel-Trim1

これらの余分な空白を一発で削除してくれる関数はTRIMです。

この例では、セルA1の余分な空白を削除するので、セルB1=TRIM(A1)と入力します。

Excel-Trim2

これで完了です。TRIM関数は、単語前後の空白を削除し、また単語間の空白一つだけを残して他の空白を削除してくれるとても便利な関数です。

 

(補足)文字間の空白は必要で、文字列最後の一つの空白だけを削除したい場合は、LEFTとLEN関数を組合わせて使用します。詳細はこちらのページをご参照ください

この例では、セルA1最後の余分な空白だけを削除するので、セルB1=LEFT(A1,LEN(A1)-1)と入力します。

Excel-LEFT.LEN

TRIM関数との比較です。B1はTRIM関数を使用した場合、B2はLEFTとLEN関数により、最後の一文字(空白)を削除した場合です。単語間の空白は残ったままですね。