Excel – ランダム数字とアルファベットの組み合わせを作る

Excelでランダム数字とアルファベットの組み合わせを作る方法を紹介します。

まず、ランダムな数字を作る関数は2種類あります。

  1. RAND()
  2. RANDBETWEEN(A,B)

シンプルな乱数を出力したい場合は、RAND()、任意の範囲のランダムな数字を出力したい場合はRANDBETWEEN(A,B)を使います。

例)

9桁の乱数を作成する。この場合はどちらの方法でも可能です。

=INT(RAND()*1000000000)

=RANDBETWEEN(1,999999999)

次に、ランダムなアルファベットの作成方法です。

関数は同じくRANDBETWEENを使います。さらにCHAR関数を使い、文字に変換しています。文字コードの数値65から90までが大文字のアルファベットに該当します。よって、65から90までの数字をランダムに表示させ、CHAR関数で文字に変換することで、ランダムなアルファベットを表示させます。

=CHAR(RANDBETWEEN(65,90))

これにより、数字とアルファベット組み合わせで文字を作成する場合は、次のようにします。※ページの都合上改行されていますが、1行です。

=CHAR(RANDBETWEEN(65,90))&CHAR(RANDBETWEEN(65,90))&
RANDBETWEEN(0,9)&RANDBETWEEN(0,9)

参考までにCHAR関数で表示できる文字の一覧を載せておきます。※フォント、文字コードで表示できる文字が異なるため、一部空白の文字があることご了承ください。

数字 文字 数字 文字 数字 文字 数字 文字 数字 文字 数字 文字
1  51 3 101 e 151 201 251
2  52 4 102 f 152 202 252
3  53 5 103 g 153 203 253 y
4  54 6 104 h 154 204 254 t
5  55 7 105 i 155 205 255 y
6  56 8 106 j 156 206
7  57 9 107 k 157 207
8  58 : 108 l 158 208
9 59 ; 109 m 159 209
10 60 < 110 n 160 210
11 61 = 111 o 161 211
12 62 > 112 p 162 212
13 63 ? 113 q 163 213
14  64 @ 114 r 164 214
15  65 A 115 s 165 215
16  66 B 116 t 166 216
17  67 C 117 u 167 217
18  68 D 118 v 168 218
19  69 E 119 w 169 219
20  70 F 120 x 170 220
21  71 G 121 y 171 221
22  72 H 122 z 172 222
23  73 I 123 { 173 223
24  74 J 124 | 174 224
25  75 K 125 } 175 225
26  76 L 126 ~ 176 226
27  77 M 127  177 227
28  78 N 128 € 178 228
29  79 O 129 179 229
30  80 P 130 180 230
31  81 Q 131 181 231
32 82 R 132 182 232
33 ! 83 S 133 183 233
34 84 T 134 184 234
35 # 85 U 135 185 235
36 $ 86 V 136 186 236
37 % 87 W 137 187 237
38 & 88 X 138 188 238
39 89 Y 139 189 239
40 ( 90 Z 140 190 240
41 ) 91 [ 141 191 ソ 241
42 * 92 \ 142 192 242
43 + 93 ] 143 193 243
44 , 94 ^ 144 194 244
45 95 _ 145 195 245
46 . 96 ` 146 196 246
47 / 97 a 147 197 247
48 0 98 b 148 198 248
49 1 99 c 149 199 249
50 2 100 d 150 200 250