[解決] Mac 起動しない場合の対処-Yosemite

Macが突然起動しなくなるトラブルが発生。

具体的には、黒い背景に白のアップルロゴマークとプログレスバーが表示された状態です。プログレスバーは途中で止まったままの状態です。

cannot_boot_Mac

起動しない場合の対処方法として次の事を試し、最終的にOSの再インストールで無事修復できました。

データもアプリも残ったまま。Windowsと違ってビックリしました。

  • 修復方法
  • PRAMクリア
  • セーフブート
  • ディスクユーティリティ
  • OS再インストール

次のタブ順に修復を試みることをお勧めします。原因の切り分けにもなります。

  1. Command + option + P + Rを押しながら、起動します。
  2. 2回起動音が聞こえるまで、押したままにします。

セーフブートを行うと、システムの不具合を自動修復してくれます。

  1.  Mac の電源が落とします。
  2. 電源ボタンを押します。
  3. 起動音直後に「shift」キーを押し、 Apple ロゴが表示されるまでそのままにします。
  4. 表示されたら、「shift」キーを放します。
  5. 起動後に、再起動し、通常起動できるか試してください。

セーフブートができていれば、既に自動修復をされているのでこのステップは不要です。

リカバリーユーティリティを起動します。

  1. Command + Rを押しながら電源ボタンを押します。Appleロゴが表示されたら放します。
  2. リカバリーユーティリティが起動します。
  3. ディスクユーティリティを選択し起動します。
  4. First Aidタブを選択します。
  5. OSがインストールされているHDDを選択します。
  6. 修復を押します。
  7. アクセス権の検証を押し、異常が見つかった場合は、続けてアクセス権の修復を押します。
  8. 完了後に再起動し、通常起動できるか試してください。

この方法でも起動できない場合は、OSの起動に関わるデータが壊れている可能性がありますので再インストールをします。OSを再インストールしてもデータは消えませんし、アプリケーション、その他の設定もそのままですので安心してください。

物理的な不具合が無ければ、この方法で直るはずです。ただし、いきなり再インストールはしない方が良いです。先ずは、PRAMクリア、そして不具合箇所を検証・修復してくれるセーフブートを試してください。セーフブートで起動できな場合は、ディスクユーティリティでデスクに不具合が無いかを検査し、物理不具合がなければ、以下の方法を試すようにしましょう。

リカバリーユーティリティを起動します。起動ディスクが無くても、インターネット接続があれば、インストーラーを自動でダウンロードしてくれます。WiFiでもOKですが、可能であれば、ネットワークの安定性を考慮してLANケーブル接続が良いでしょう。

※Apple IDが必要なります

  1. Command + Rを押しながら電源ボタンを押します。Appleロゴが表示されたら放します。
  2. リカバリーユーティリティが起動します。
  3. OSの再インストールを選択します。
  4. ウィザードに従いインストールします。※インストーラーのダウンローが必要な場合、Apple IDの入力を求められます。

※ダウンロードからインストールまで約1時間位かかります。

インストール完了後、自動で起動します。