DCDIAG-ドメインコントローラーの状態を確認したい

DC(ドメインコントローラー)に不具合があった場合の診断ツールが、DCDIAG.extです。コマンドラインからのツールになりますが、DC管理者には必須のコマンドですね。

このコマンドは、Windows Server 2003SP1からDNS関連の診断テストと、ADのレプリケーションエラーの原因を探るためのセキュリティオプションが追加されています。

なんかDCがおかしい時に、dcdiag /s:<DC> と指定してあげれば自動で診断し、結果を返してくれます。オプションは他にもたくさんありますので、MicrosoftのDcdiagサイトをご参照ください。

 

実際のコマンド結果の例

C:>dcdiag /s:dc02

Domain Controller Diagnosis

Performing initial setup:

[dc02] LDAP search failed with error 58,

The specified server cannot perform the requested operation..

Server dc02 resolved to this IP address xx.xx.xx.xx,

but the address couldn’t be reached(pinged), so check the network.

The error returned was: Error due to lack of resources.

This error more often means that the targeted server is

shutdown or disconnected from the network