[コマンドプロンプト] テキストファイルの比較

テキスト系のファイルであれば、コマンドプロンプトで「FC」コマンドを使って、ファイルの内容を比較できます。UnixのDiffコマンドと同じような動作です。

さすがにOfficeドキュメントの比較は、このコマンドでは不可能ですので、Officeの機能を使って比較することをお勧めします。

FCコマンド:2 つのファイルまたはファイル セットを比較し、相違点を表示します。

/A   相違する各部分の 1 行目と最後の行だけを表示します。
/B   バイナリの比較を実行します。
/C   英字の大文字と小文字を区別しません。
/L   ファイルを ASCII テキストとして比較します。
/LBn  連続する最大不一致行を指定行数に設定します。
/N   ASCII の比較で行番号を表示します。
/OFF[LINE] オフライン属性が設定されたファイルをスキップしません。
/T   タブをスペースに変換しません。
/U   Unicode テキスト ファイルとしてファイルを比較します。
/W   連続した空白 (タブとスペース) を 1 つのスペースに圧縮して比較します。
/nnnn  不一致発見後に確認する、一致すべき連続行数を指定します。

使い方

fc /c  /n ファイル1 ファイル2

例えば、レジストリの比較等に使えます。レジストリはUnicodeテキストファイルとして扱うと、行と中身の相違が表示できますので、オプションの「/u」を使います。修正パッチをインストール前と後でレジストリをエクスポートして比較しました。相違がなかったのでサンプルとして不適格だったので、あえて数字の5を追加して実際に動作していることを確かめました。

C:\>fc /n /u AvayaCMS_reg.reg AvayaCMS_reg2.reg
Comparing files AvayaCMS_reg.reg and AVAYACMS_REG2.REG
***** AvayaCMS_reg.reg
1: Windows Registry Editor Version 5.00
2: 5
3: [HKEY_CURRENT_USER\Software\Avaya\Supervisor]
***** AVAYACMS_REG2.REG
1: Windows Registry Editor Version 5.00
2:
3: [HKEY_CURRENT_USER\Software\Avaya\Supervisor]
*****